NSスピードウェイでは、毎年5月と11月にMシャーシを使用した3時間耐久の長丁場イベントを行ってます。

 

NSスピードウェイの3時間耐久レースはチーム制で行う耐久レースで、1チームあたり2人~4人で編成して、3時間のあいだ走り続けて周回数を競います。

 

3時間というと長いと思うかもしれませんが、実際に参加するとバッテリー交換のタイミング、タイヤ交換のタイミング、クラッシュによる破損などで大きく順位変動するスリリングな展開で、あっという間に3時間が過ぎると思います。

耐久レースのレギュレーション

使用可能マシン タミヤ製MシャーシM03・M05・M07・M08指定
ボディ タミヤ製のミニ用ボディ(リアウイングの追加・変更禁止)
モーター タミヤのブラシレスの15.5Tまたは17.5T(KV値は自由)
ギヤ比 前輪駆動車は18T、後輪駆動車は20T
ESC(アンプ) タミヤのブラシレス スピードコントローラー03 センサー付
バッテリー 各社リフェバッテリー(定格6.6V)
タイヤ タミヤ製のMシャーシ用のラジアルタイヤ(スーパーグリップラジアルタイヤなど)
グリップ剤 使用禁止
タイヤウォーマー 使用可能です。

計測にはマイポンダーシステムを使用します。
(レンタル用ポンダーあります)

参加料

参加料は1人2500円です。

耐久レース当日のスケジュール

当日はAM9:30時までに、受付をお願いします。

10:00ドライバーズミーティング

10:10~10:30(20分間べストラップ予選)

11:00スタート

14:00ゴール

表彰式